FC3S用のオルタネーターのリビルトも
始めました。

FD3Sと同じく、手元のFC3S(FC3C)の
オルタを先送りして戴く必要があります。
これは、メーカーとの協定の為です、
ご理解ください。
「物々交換が原則です。」

手始めに自分のFC3Sのオルタを出したら…
FCでなくルーチェのものがついていることが
判明して、交換できずかなりショックでした(涙)

取り外しに関しての注意点です。
FCの場合は、
1、バッテリーのマイナスを外す。
2、B端子とチャージランプ用のコネクタを外す。
3、オルタの固定ボルトを緩めてベルトを外す。
4、緩めたボルトを外して、本体を取り外す。

タワーバーやら、
でかいインタークーラーがついてるときは
現物に合わせて処理してください。

画像はイメージです。

注意点…というか失敗記録

先日の入庫車のFDですが、
5型でしたので新しいから大丈夫であろうと
勝手な判断で、うかつにも固定用の長いボルトを
緩めたときに…
「むぎゅ~」となる嫌な手ごたえ、
ルーセン吹いたりゴニョゴニョしたり
努力しましたが…

折れました…

心も折れました…

ウォータポンプが近いので、
クーラントのにじみとかで、
水がしみ込んでいると、
ボルトが折れますので要注意です。

FD3S用の場合は115㎜のボルトと
思います。

FCも多分同じ長さだと思います。

こんなこともあろうかと、
自分のFC用のオルタのボルトで対処しました(涙)

まあ、FCですから
30年経ってますので、
ボルトくらい新しいの用意しましょう。

FC3S(FC3C)用のオルタは在庫数が少ないので少々お待ちいただくかもしれません、ご了承ください。

オルタネーターのご注文はこちらから…