先日、ある車のトラブルシュートで電装系の電流値を測る必要が出てきました。
従来はテスターで測っていましたが、電流値が大きくなると手持ちの
テスターのレンジをオーバーしそうな可能性が出てきたので、
新たに”クランプメーター”を導入しました。

信頼の国産老舗メーカー
三和電気計器株式会社製

電線を文字通りクランプするだけで、
電流やら電圧が測れる便利な計器です。

サイクロンアース

早速なんか測ってみようと…
丁度検体がいました。

Vマウントで
ちっさいロードスター用のバッテリーしか
使えない電気難民が…w

手ごろな、サージアースをクランプして
電流を測ってみると…

そこには見てはいけないような数値が出て
『これはどっか壊れてるわ…』と思ったけど
心配性のオーナーには
『ちょっと測ってみただけ~』とか言って、
このことは、僕の胸の内に収めておこうと
心に決めたのでしたw

数日後、車検の預かりで入庫した車が
ちょうどVマウントで同じバッテリーの
クルマでしたので、もう一度測ってみました。

やっぱりアイドリングでも
8~10A流れてます…

この時の消費電力は…
W=E×Iで
13V×10A=130W

例えが古いですがw
ハイワッテージのハロゲンライト
ハイビームで点けっ放しくらい。

サイクロンアース

先日、丸2日掛けて完璧に整備した
FC3S アンフィニの場合

FC3S

やっぱり10Aくらい流れてます。

サイクロンアース

エンジンアースはどうかというと…

FD3Sで3Aくらい

サイクロンアース

FC3Sで2Aくらい

エンジンアース

FC3Sで純正のアース線が
1Aくらい

ちなみに純正のサージアース線
左 FC3S
右 FD3S

FC3Sの場合
電流値からみて線が細くない??
FD3Sの場合
このコネクタが溶けたりしている
車両がたまにありますが、
古い車は接触不良で接点の抵抗値が
上がると熱を持つのも頷けます。

純正アース

こんなことなら、
もっと早く測定して、
皆さんに情報を公開しておけば良かったと…

だから、最初のぴょんきち号も正常です
安心してください。

サイクロンアースシリーズのご購入は、
次の通販サイトからお願いします。

通販サイトBASEの場合は、
2020年10月20日まで5%割引キャンペーンやってます。

サイクロンアースシリーズ
通販サイトBASE
新しい通販サイト