先日より、僕のクルマをシャーシダイナモに載せて、自社の製品とノーマルとの比較をしようと
意気込んでパワーチェックを仕掛けたのですが…イマイチ…しょぼ~~んです。

測ってみると、ブーストが思ったとこまで上がらず、
目標値やゲインを変えて一日中やりましたが結果がついてきません。

公道を走る範疇では気になりませんが、
パワーチェックとなると数値的には不満が残ります。
なぜがブーストがもうちょい上がらん

一晩考えて、清水の舞台から飛び降り、
触媒を交換…
『GPsports RECHARGE SPL』

みんなでガサガサ~っと交換して、
ついでにA/F計もつけるぜ~てことで、
シャーシルームの片隅で埃を被っていた
SARDのA/F計を再起動

この点はセンサー用のボスを最初から取り付けてありますので、
無加工のボルトオンです。

A/F計の電源も放置してあった安定化電源から、供給できるように配線も作り直して再始動!

出るのか空燃比・・・

出ました!!

これで、ブーストが上がらなければタービンもくたびれて来てると思いま~~す

ちなみ、10年以上お世話になって
10万キロ以上を走破した
メタリットプロは・・・
どの時点で壊れたのか分かりませんが、
セルがズレてました。
まあ、ここまで使えれば元は取ったと思います。

GPsports RECHARGE SPLのご購入はこちらから・・・

通販サイトへ・・・