『エンジンルームがオイルでベトベトなんです!!』と、言う電話から始まった。

新車から30年以上、ドライブであちこち行って、サーキット走ったり、
オーディオ交換したり、ナビつけたり、色々楽しんできましたがいよいよ・・・

今回は自走不可でしたので、積車で登場のFC3S。
軽く点検してみますと、ゲージにオイルがつかないほどオイルは無い。
どこからオイルが出て行っちゃったんでしょうね~と
探っていると、エンジンかな?タービンかな?いやそんな感じではありません。

でもアンダーカバーや各部オイルまみれです。

こんだけの勢いでオイルが無くなるということは・・・
オイルのラインと考えると・・・噂には聞いたことがある
オイルクーラーのホースのカシメのような感じです。

原因確定の為、EGIのヒューズ抜いて、オイルをちょっと足して
クランキングしてみましたが、オイルは出てきません。
社長が「クランキング程度の油圧では出ないよ」てことでしたので、
エンジン始動して、すぐに切ってみますと・・・

見事にダダ漏れ

原因確定しました。

ホースはまだ新品がありました、良かったです。
FC3Sのオイルクーラーは古くなると、なんとなくオイルが滲んできますので、
オイルクーラーも同時に交換します。

フロントカバーから、生えているホースのユニオンを緩めるのに手間取りますが、
ここは社長の長年の必殺技でクリアーして、無事に摘出しました。

また、これから30年働いてもらいことになります。

部品代がすごいことになりますが、背に腹は代えられません。

FCはカップリングファンが常時回っているので、漏れたオイルを巻き上げてしまいます。
エンジンルームも清掃して綺麗にしておきます。

すでにラジエータはARCに換装されています。

後は、オイルクーラー本体を取り付けて、漏れの確認したら完了です。