会社の新型ロードスターですが、シャーシダイナモで走らせてみるに先駆けて
診断機を繋いで見ました・・・

マツダの純正診断機(MDARS)をつないだところ予想通り、
CX-60等新世代と同じモードで立ち上がりました。
ちなみに、ボクのCX-5みたいな6世代車は
旧バージョンのIDSに切り替わります。

すでに、オレンジ色のエラーが出ています。
でもチェックランプは点いていませんので、
軽いエラーのようです。

さて、どんなエラーが出ているのでしょう・・・

駐車場をグルグル旋回したことが原因かはわかりませんが、
MDARS上はEPS(電動パワーステアリング)、VCM(ビークルコントロールモジュール)に
エラーが出ています。

ただし、メーター上エンジンチェックランプは点灯していませんので、
軽微な不調みたいな感じですかね・・・

MDARSでDTCをクリアしたら消えましたので、とくに問題はなさそうです。

その後、車体を固定して社長がパワーチェックを行いました。

パワーチェック後、どうだったか疑り深いボクは、
もう一度、MDARSをつないで診断してみました・・・

つぎは、これです

前輪が回っていないのに、後輪だけがフル回転なのでクルマからしたら
あり得ない状態で、当然DSC(横滑り防止、ABSの統括ユニット)が悲鳴を上げています。

これも、エンジンチェックランプは点灯していませんので、
普通のドライバーでは認識できません。

いま、使っているマツダの診断機はメーカーの指定品で、ディーラーで使われているものと同じです。
現在のところ、この診断機以外の接続をメーカーでは認めていません。

この調子で、市場に新型ロードスターが出回って、
例えば量販店で社外品を取り付けて、何かエラーが出た際に
汎用の診断機を接続するとCX-60等と同様にPCMが壊れる可能性もあります。

また、USB端子に接続してyoutubeを視聴できるような機器も様子を見た方が良いと思います。

その他、チューニング屋さんのパソコン等でPCMのデータにアクセスしに行ったりするのも
出来るかもしれませんが、やめといた方がいいでしょう。

CX-60もそうでしたが、エラーがでても一晩放置しておけば、一応は復帰したようになりますが、
PCMのデータに異常を持ったまま走っている状態なので、正常ではありません。