何の前触れもなく…
(僕が聞いてなかったのかもしれませんが…)
FEDEXのトランスポーターのクルマが事務所にやってきた。

RACINGBEATがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! と大騒ぎにで
大量のマフラーがやってきました。

コロナ禍の兼ね合いで、
予定が大幅に遅れてしまいまして、
FDやFCのマフラーも底を突きそうな状態でしたが、
なんとか在庫切れを免れました。

また、今回はRX-8などをお客様にオーダー戴いていながら
納品が遅れ遅れになっていた分もあり…
”やっと来てくれたの~”って感じです。

Android用の接触感染アプリが
役に立っていなかったようです。
弊社でも昨年から玄関のカウンターで
ずっと監視していたものが無意味だったとは…
泣けます…

今回はSA22C用のマフラーや、フロントプーリーも同時に来ました。

今時SA22Cかい…と言われるかもしれませんが、僕も欲しいです。
「ウェーバーのダウンドラフトです~」とかの賜ってみたいwww

まあそんでSA22C用のRACINGBEATはというと…造形美ですね。
サーキットでSA22C見つけたら、エキゾーストの取り回しを見てください。
フロントパイプからデュアルになっていて、
リアアクスルの辺で合流しているレイアウトが多いです。

この辺の長さで合流させるのが、
ポートから出てきた排ガスが排気干渉で蓋されて、
来た方向に跳ね返される反動で、
いい塩梅にオーバーラップで抜けてきた新気を抑え込んで、吸入効率を上げるとかなんとか…
(まさに、昭和の都市伝説です。)

2stのチャンバー効果みたいなもんかと思います。

RACINGBEAT
RACINGBEAT

でも、中には排気効率重視で…
後ろまでデュアルってのもあるようです。

SAなんて”なんてっていうのも失礼ですが”僕が学生の頃には先輩が真っ黒でベタベタにして、ポルシェ風のフォグランプのついた
エアロつけて品もなくバリバリ走ってたのに、いまではプレミアム価格で”高嶺の花”となってしまったのが、惜しいところです。

あとは。これもオーダー品ですが…フロントプーリーが来ています。
アルマイト処理になんと、点火時期の目盛りがついてます。

ええ、SAはデスビで点火タイミング調整するんですよ、
タイミングライトに浮かび上がる目盛り見てニヤニヤしている、広島のあなた!!

うらやましいです・・・

各車種のマフラーに関しては近日中に通販サイトでも購入できるように準備中です。
在庫の無いものについては少々お時間を戴きますがご了承ください。

通販サイトへ・・・